空飛ぶお客さま – A flying guest –

See Below for English Translation / Summary


「キャー!」

と、ある子が大声で叫びました。昼食を食べていたときのことです。

彼女が指差すほうに目をやると、そこに大きなトンボが舞っているではありませんか。玄関を開け、風通しをよくしながらご飯を食べていたので、誤って入ってきてしまったようです。

その名もオニヤンマ。
街中ではなかなかお目にかかれない、レアなトンボです。

女の子たちは虫が大の苦手なので、スパゲッティを放り出してキャーキャー大騒ぎしています。そんな彼女たちを差し置いて、ある子がにっこり笑いました。

「かわいいじゃん。私さわりたい」

ピアノの鍵盤に止まったオニヤンマを手渡すと、彼女はその羽をそっとつかんで、玄関の外へ帰してあげていました。

f0339068_16182968.jpg

K

A flying guest –

One of the girls screamed while we were having lunch.

We looked in the direction where her finger was pointing.

There was a huge dragonfly dancing in the air.

It must have strayed inside,

as we had the door open to get the breeze during the lunch.


It was a Siebold’s dragonfly (largest kind in Japan).

It is rare to spot this in urban areas.


The girls don’t like insects and they are screaming,

forgetting about their spaghetti lunch.

However, one girl had a smile on her face.

“It looks cute. I want to touch it.”


I handed her the dragonfly who stopped on the piano keys.

She gently held the wings, and let it fly out of the entrance door.


(pic)


By K


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-07-29 16:03 | 出来事 Events | Comments(0)
line

まつもと子ども留学の日常についてご紹介します。


by kodomoryugaku
line