カテゴリ:その他( 3 )


四賀の秋- Autumn in Shiga -

See Below for English Translation / Summary

f0339068_6242361.jpg

季節の変化にあわせて、通学路の風景も姿を変えていきます。春には梅や桜の花が揺れていました。夏には草いきれが香り立ち、桑の実がふくらんでいました。そして現在。学校までの道のりはこんな感じです。


f0339068_6293247.jpg

f0339068_6372338.jpg

ひと雨ごとに気温が下がり、秋が深まっていきます。朝にはもう息が白くなることすらあります。


f0339068_8465189.jpg

f0339068_8434751.jpg

f0339068_638059.jpg

考えてみれば、子どもたちが四賀で生活をはじめて半年が過ぎました。四月当初はマスクをつけて登校していた子たちも、いまでは里山の新鮮な空気を思いきり吸い込みながら歩いていきます。


f0339068_6514828.jpg

f0339068_6462178.jpg

f0339068_6474222.jpg

あたりの風景だけでなく、子どもたちの姿もずいぶん変わりました。身長が伸びた子もいれば、驚くほどピアノが上達した子もいます。部活の厳しい練習に鍛えられ、すらりとシャープになった子もいます。

子どもたち全員に共通する変化もあります。精神的にたくましくなってきている、ということです。親元から離れ、子どもだけで学校へ通うという留学体験をとおして、どの子もたしかに成長しています。


f0339068_752972.jpg

内面的な成長は、季節の変化のようにはっきりと目に見えるものではありません。それでもふとした瞬間に、新しい風を感じることがあります。子どもたちが吹かせる風です。ただでさえ思春期ですから、どの子もささやかなことで心が大きく揺れてしまいます。留学がはじまって半年が経過した現在でさえ、毎日が不安や悩みやさみしさの連続です。しかし子どもたちは、そういうものに耐えるすべを身に付けつつあります。学校の先生方を困らせたり、寮のスタッフに感情をぶつけたりしながらも、自分で自分を冷静に見つめる方法を模索しつつあります。


f0339068_834594.jpg

そんな子どもたちがときおり見せてくれる、特別な笑顔。そこには半年分の深みがちゃんと刻まれています。季節が深まるにつれ、子どもたち自身も深まっているのです。


f0339068_630376.jpg

大人になると、ふと子ども時代の風景を思い出すことがありますよね。懐かしい香りや、胸を打つあたたかみとともに、思い出がしずかに湧き上がってくる瞬間があります。この四賀の風景を子どもたちが思い出すときには、いったいどんな感情がいっしょに浮かび上がってくるのでしょうか。それはまだまだずいぶん先の話ですが、四賀の秋を見つめながらゆっくり歩いていると、そんなことをつい想像してしまったりするのです。


f0339068_703673.jpg

f0339068_8305117.jpg

f0339068_8321950.jpg

f0339068_8554724.jpg

f0339068_8484870.jpg

f0339068_8344980.jpg

K



- Autumn in Shiga -


The scenery along the school route has shifted from season to season.

In the spring, we enjoyed the blossoms of plum and cherry trees swinging in the wind.

During the summer, steamy aroma emanated from the grass field,

as the mulberries grew big on the branches.

And this is how it looks in the autumn.


It is not only the scenery around us that changed. Our girls also have changed.

Some have gotten considerably taller,

and some have learned to play the piano really well.

Some have gotten into shape

through the rigorous training for their after-school sports programs.


There are changes common to all girls, too.

They are mentally getting stronger.

It is certain that each girl has grown through this experience of sharing life

in a dorm with their peers away from home and their parents.


Internal growth is not easily as visible as the scenery.

But at unexpected moments, I have felt this new wind coming from the girls.

Being teenagers, their heart could be shaken by a tiniest thing.

Six months into this new arrangement,

they still constantly experience anxiety, worries, and loneliness.

However, the girls are gradually learning

how to endure such hardship and meet the challenge.

They may trouble the teachers at school,

or direct their emotions at the dorm staff,

but they are definitely exploring the ways to look inwardly and reflect on themselves.


The memories from long ago surface on occasions in our adulthood.

They may be accompanied by a familiar scent, or some warm feelings.

When the girls remember their days in Shiga, what sort of emotions may be there?

It will be quite some time before that happens, but my mind wonders,

as I take my time to stroll in this autumn-filled air in Shiga.


By K


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-10-17 06:22 | その他 | Comments(1)

寮長の“日々雑感” - Daily Reflection of the Dorm Manager –

See Below for English Translation / Summary


今日の夕食時、えらく本の話題で盛り上がっていたなぁ。意外と本を読む子が多くて、色々な作家の名前が挙がっていた。

村上春樹さんとか有川浩さんとか、、、ん~知らない名前の方が多かったなぁ。

結構いろんなジャンル読んでてすごい。


最近、勉強の方にも気持ちが向いてきたのか、放課後にしっかりと宿題をこなしている。

英検や漢検、数検を受ける子もいる。

「小学校や中学一年の頃に取りこぼした範囲のところを挽回したいから教えて」と相談にくることもある。


でも、なかなか続かないんだよなぁ。


毎日少しずつでもコツコツとやっていくと違うんだけど、なかなかそうはうまくいかないもの。

でもでも、やる気が出てきたときにサポートできるようにこっちはしっかりと準備はしておきたいものだね!


10月に入るとすぐに中間テストが待ってる。

テストって点数だから、良かった悪かったってのが一目瞭然。

だからこそ、何とか少しでも良い点とって自信をつけさせてあげたいね!!

「やればできるんだって。」


俺も頑張ろーっと!!


根岸



There was a very active discussion about books over supper today.

A good number of the girls like reading, I found out,

and the names of various authors were mentioned.

There were more names that I did not know.

And the books they read cover many genres.


Lately they have shown more interest in studies,

and don’t’ fail to finish up the homework after school.

Some are taking proficiency tests for English, Chinese characters, and math.

One approached me for help,

so that she could catch up in what she got behind when she was in the 6th and 7th grade.


But the challenge is to keep at it every day, even little by little.


There will be a midterm exam early October.

Tests show the results clearly in numbers.

I hope for the high scores for the girls to boost their confidence.

“You can do it, if you try.”


For that, I will work hard myself to support them!


By Negi


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-09-20 21:58 | その他 | Comments(0)

寮長の日々雑感 - some reflections of the dorm manager –

See Below for English Translation / Summary


2学期が始まって、3週間。子どもたちの生活も軌道に乗ってきた。

2学期の始めは長期の休みの影響で慣れるまでまた時間がかかるかなぁと心配だったのだが、みんなスムーズに学校に行っている。

日々の勉強や宿題もしっかりと取り組んでいるようだし、子ども同士で教え合っているところを見かけるととても微笑ましい。


また、吹奏楽部の東海大会銀賞受賞、剣道の二級合格、バレー部の試合デビュー、と、嬉しいニュースが寮に飛び込んでくる。1学期中は、どちらかというと部活動に対しての愚痴や不満が多かったが、今までの努力が形として現れてきたのだと思う。




今日、寮生の保護者が寮に立ち寄り、少しばかり話をしていったが、その中でとても印象に残る話があった。


この週末は、外泊で子どもと過ごしていたのだが、学校から帰ってきても福島にいたときのように「疲れたぁ」と言わなくなったというのだ。寮で生活している部分だけ見ているとわからないが、こちらで暮らしていることで、身体感覚のレベルでも実感できる良い影響が出ているのだろう。

お母さん自身も草取りをしていて、福島で感じる肌がピリピリしたりするような感じがなかったと言う。とても嬉しそうに話してくれた。


松本に来てしまえば、放射能の影響を考えずに、日々の生活を送ることができる。

この四賀での生活だけを見ているとなかなかわかりずらいけれど、確実に子どもたちの健康にとっては良い影響を与えているんだと、再認識できたお母さんとの会話。また、今日から気持ちを入れ直して頑張っていこうと思う。


2学期は、運動会や文化祭、職場体験など、大きな行事がたくさん待っている。

寮でも、子どもたち主体で何かイベントができれば面白い。


一日一日を大切にし、充実した日々を子どもたちと送りたい。


畑も秋野菜の収穫に向けて、できることを少しずつやっていければと思う。


根岸



- some reflections of the dorm manager –


It has been three weeks since the new school term started.

The students’ life seem to be getting into a rhythm.


I was concerned that it might take some time for them

to get used to the life here again after the summer break.

But everyone seems to be doing fine.

They are focused on their classes and homework.

It brings me a smile to see them helping each other.


There have been a series of happy news too

– school brass band winning the second place at the regional competition,

one girl passing the second grade in Kendo,

another playing in the volleyball game for the first time.


There were a number of complaints and sense of dissatisfaction

about the after-school activities during the first term,

but their efforts are producing some good results.


Today a parent of one of the girls stopped by at the dorm.

She and her daughter spent the weekend together.

She did not hear her daughter say “I am tired”,

after coming home from school, as she used to back in Fukushima.

The life here must be having a positive impact on her physical health.

The mother herself noticed that while weeding,

her hands did not have the tingling sensation that they felt in Fukushima.


In Matsumoto, you can lead your life without worrying about radiation.

At the dorm, it could be hard to notice these differences in our daily life.

But this conversation with the mother reminded me

that the students are getting healthier physically too.


By Negi


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-09-08 15:30 | その他 | Comments(0)
line

まつもと子ども留学の日常についてご紹介します。


by kodomoryugaku
line