<   2014年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


胸のなかの炎について

f0339068_10501687.jpg

子どもたちがいなくなった寮はとても静かです。元気のいい笑い声も、ところかまわず響き渡るおしゃべりの声も、どたばたと駆けまわる足音も、ピアノの練習の音も、何も聞こえません。現在、毎日が駆け足のようなこの生活の場を包んでいるのは、どこまでもひっそりとした冬の静寂です。

 

冬休みの真っただ中。おかげさまで、寮生たちは二学期を無事に終業し、それぞれ親御さんのもとへ帰っていきました。これもひとえに「まつもと子ども留学」を支えてくださる皆様のご寄付・お力添えの賜物と、スタッフ一同、心より感謝しております。

 

今年の三月からスタートしたこの留学プロジェクトもこうして無事に年末年始の休息を迎えられたわけですが、それにしても寮がこれほどまでに静かだと、なんだかさみしい気がしてしまいます。主人公たちの不在。いなくなってみて改めて感じる、その存在感の大きさ。

 

まもなく新しい年がやってきます。2015年、留学生活の主人公たちが寮へ帰ってくるときには、この記事の冒頭に載せた写真のように、ストーブに炎をともして迎えてあげたいと思っています。はるか昔、古代ローマ人は、家庭のおだやかさ・あたたかさの象徴として、家のかまどに毎日ともされる炎をとても大切にしていました。古代と現代とでは人の生き方は大きく変わってしまっていますが、それでもわたしたちにとって大切なものは昔から変わらないのではないかと感じます。

 

子どもたちと毎日をすごすこの場所には、いつも炎をともしていたい。目に見える炎ももちろんですが、それ以上に、人を内側からそっとあたためてくれる目には見えない炎を大切にしていきたい。そういったものを胸に、来年も子どもたちとともに成長していきたい。そう考えております。

 

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-31 11:10 | ご支援 Support | Comments(0)

冬休みに向けて

2学期も残すところ、あと1日。


子どもたちは明日福島に帰って、年末年始は実家で過ごします。

そのための準備として、今日子どもたちと来たのは、、、



ここっ!!

f0339068_18035795.jpg

黒~い猫の宅急便やさん(^^)


冬は衣類など、荷物がかさ張り、手で持って帰るのは厳しい・・・

ということで、先に送っちゃえ~!


f0339068_18040592.jpg

何事も経験!!ということで、自分たちで送らせます。


『初めて~。』

『え~、どうすればいいの?』


寮にいればこその体験。

家だと親がやっちゃうことも、ここでは自分でやらなければいけません。

でも、これってとてもためになる社会勉強ですよね(^^)


しかも、受け付けのおばさんが何と福島出身でしたー!

びっくり!!

親切な対応で、丁寧に教えていただきました。


『私と荷物、どっちが先に福島に着くかな???』


根岸


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-25 18:17 | お勉強 Study | Comments(0)

クリスマスパーティー

『Merry Christmas~!』
f0339068_13051520.jpg

サンタさんがやってきました。


『えっ、何で?何で?』

子どもたちは、サンタさんの突然の訪問にびっくり仰天!!

(何も聞かされていないから、当然の反応です)

それでも、何とか英語で挨拶。

『Nice to meet you.』

『Nice to meet you,too.』

(おぉ~、やるじゃーん)


この日は、クリスマス会。

子どもたちと一緒に企画を練って、これまで準備を進めてきました。

ゲームを考えたり、プレゼントを用意したり、部屋の飾り付けをしたり、ケーキを作ったり。

f0339068_13091229.jpg

真ん中のお人形さんは地域の方に教わって一緒に作ったものです。

f0339068_13090449.jpg
f0339068_13092375.jpg
f0339068_13093679.jpg

2種類のケーキに挑戦!!

f0339068_13094148.jpg
f0339068_13094837.jpg

準備万端!

さぁ、クリスマス会のスタート!!


というところに、サンタさんのサプライズ!!!?

f0339068_13120937.jpg

子どもたちが驚くのも無理はありませんね(笑)

(でも、サプライズ大成功!!)

f0339068_13161204.jpg

プレゼントまでいただいちゃいました。

サンタさん、ありがとう!


その後は、サンタさんも混じってのゲーム大会♪

ジェンガにトランプ、UNO。

f0339068_13185748.jpg

実は、寮生にも1人サンタが!?

f0339068_13172571.jpg

サンタさんも真剣なまなざし。


その後、みんなでお食事会♪

そして、ゲーム第2部のクイズ大会。


『サンタさんはどこに住んでいる?』

『理事長は何歳?』

『福島県のマスコットキャラクターは?』


寮長が考えた「クリスマス」「子ども寮」「福島」にまつわるクイズの数々。


ビリだったチームには、なんと面白変装グッズをつけての記念撮影。

(ブログに載せることができないのができないのが残念です)


そして、最後はプレゼント交換♪♪

みんなが買ってきたプレゼントをくじで引いて当てる。


『きゃー、可愛い~』

『これ、いいー!』


女の子と特有の黄色い声が飛び交います。


さらに、毛糸で手作りした犬やねこ半纏、チョコやクッキーなどのお菓子、などなど、子どもたちのために寮にプレゼントも届きました。

f0339068_13263475.jpg
f0339068_13264054.jpg

子どもたちは、大喜び(^^)

本当にたくさんの方々からの支援に支えられています。

ありがとうございます。


たくさんのプレゼントに囲まれて、本当に幸せな時間を過ごしました。

そして何よりも、子どもたちみんなでこの楽しい時間を共有できたことが、彼女たちの財産になっていくことと思います。

大満足のクリスマス会でした。


松本に留学してから、9ヶ月が経とうとしてます。

これまでの大変な苦労の中、生活してきた様子が頭に浮かび、本当によくここまできたなぁと改めて思いました。

支援してくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。


それでは、、、


『Merry Christmas~!!』


根岸


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-24 13:44 | 出来事 Events | Comments(0)

信州まつもと鍋♪

本日の夕食は、鍋♪
f0339068_20053568.jpg


何を隠そう、今日の餅つきを企画してくれたJA松本ハイランドの青年部の方々が、鍋の具材を用意してくれたのです。

f0339068_20055284.jpg

本当に、今日は至れり尽くせりで、感謝です。


ちなみにこの鍋。

つい最近JA松本ハイランドで企画されたオリジナル鍋!!

その名も、”信州まつもと鍋”

f0339068_20055674.jpg

冬の19日は、鍋の日♪

この“信州まつもと鍋”をみんなで囲んで、ぜひ皆様も家族団らんの時間を持ってはいかがですか?


f0339068_20064094.jpg

準備はばっちり!!

f0339068_20143634.jpg

レシピのお勧めは、ポン酢とすりおろしたりんごのたれ。

f0339068_20121071.jpg

ビバ! お鍋!!


『いっただっきまーーーーす!!!!!』


根岸


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-20 20:15 | 食事  Meals | Comments(0)

餅つき

ぺったん!ぺったん!!

f0339068_16470702.jpg

今日は、JA松本ハイランドの青年部の方々が来て、子どもたちと餅つきをしてくれました!!

f0339068_16502857.jpg

コンロや蒸し器、臼、杵など、道具も持参してくださいました。

f0339068_16505903.jpg

もち米を蒸して・・・

f0339068_16443471.jpg

いよいよ餅つき!

まずは、こねる!!

f0339068_16451202.jpg

さすが、理事長!

腰が入ってる!!

f0339068_16495828.jpg

最後は、JA青年部の方々に。

力の入ったつきっぷり。

さすが!の一言。

f0339068_16491079.jpg

出来上がった餅は、伸し餅に。


残りは、黄粉やあんこ、海苔で磯辺餅も!


「いただきまーす!!」

f0339068_16482644.jpg

誰が食べたって、理事長がバクバクと(笑)


「美味いっ♪」

f0339068_16484681.jpg

餅に夢中で、手が黄粉だらけ。

もー、まったくー(苦笑)


2升分を10人ちょっと食べてしまった・・・


何という食欲・・・


自分たちでついたお餅は本当に美味しかったってことだね。


JA松本ハイランドの青年部の皆様。


「ご馳走様でした。」


根岸


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-20 17:04 | 出来事 Events | Comments(0)

剣道娘、絵を描く、の巻

f0339068_19104461.jpg

夕方、寮へ行くと、居間のテーブルにこんな紙が置いてありました。どうやら剣道娘が描いたもののようです。なかなか上手く描けていると思いませんか? 絵の脇に添えられた詩も彼女の自作です。


f0339068_1983191.jpg

剣道娘は気が向くと絵を描いたりします。このあいだもホワイトボードに思いの丈をぶつけていました。何を描いているのかたずねてみると、

「寮のスタッフ」

だそうです。うーん、この描写力、もはや画伯のレベルですね(笑)


f0339068_19275457.jpg

K


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-17 19:07 | 出来事 Events | Comments(0)

中二の英語教科書から

f0339068_20023924.jpg

----------
Challenge 世界の友達が住んでいる町について知ろう
 
A Town in China
 
  Look at this picture. This is my town in Fujian, China.

You can see some round houses. People call them Fujian Tulou. They look interesting, don't they?

 
  I live in one of these houses. It's huge. There are about 350 rooms. About 60 families, or 300 people, live together in our house. I live here with my parents, grandparents, two uncles, three aunts, and three cousins.

 
  There are kitchens on the first floor, and food storage rooms on the second floor.

There are living rooms and bedrooms on the third and fourth floor. If we are hungry, we have to go downstairs.

 
  I like my house and town because living together with a big family is fun.
----------


f0339068_20223655.jpg

中学二年生の英語の勉強を見ながら、上に引用した教科書の文章をぼんやり読み進めていたら、ふとある文章に目が留まりました。You can see some round houses. という文章です。
 
「え、丸い家ってどんな家なの? ちょっと想像できないんだけど」
 
熱心に勉強する寮生にそうたずねると、
 
「『福建土楼』でググってみなよ」
 
とのお達しが。さっそくグーグル教授にたずねてみると、出てくるじゃありませんか。中国福建省にあるという、丸い建築物の画像が。福建土楼 Fujian Tulou。その思った以上の丸さに感動し、現在これを書いている次第であります。まさか中学の英語の教科書で、となりの国の建築物について学ぶなんて。そういや自分が中二だった当時の英語の教科書には、スペインのアルタミラ洞窟についての文章が掲載されていたっけな。on our way to Altamira, Altamira.


f0339068_20230947.jpg

K


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-15 20:26 | お勉強 Study | Comments(0)

モントリオールから

モントリオールにある団体「絆ジャポン モントリオール」さんからご寄付をいただきました。各種行事の売り上げや寄付・募金などからのご寄付です。ありがとうございます。


この他にも、個人や団体でこれまでにも数多くのご寄付をいただいてます。

この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございます。


また、地域の方々からは季節の野菜をいただきます。

新米、白菜、じゃがいも、人参、レタス、りんご、手作りりんごジュースなど、たくさんのものをいただき、本当に助かっています。

おかげさまで、冬の味を毎日堪能することができています。


本当に皆様に支えられて、子どもたちは伸び伸びと生活することができています。

感謝の気持ちで一杯です。



2学期は、残すところあと2週間。

中学生は2学期最大の山場である期末テストも終えてホッと一息。

冬休みまでの残りの期間。部活や社体などもラストスパート。


4月の入寮から考えると本当に成長しました。

気持ちよく共同生活をするための術を学び、お互いに尊重し合いながら、楽しく生活しています。


年内の残りの期間をしっかりと終えて、来年も気持ちよくスタートできるようにしたいと思っております。


今後ともよろしくお願いいたします。


根岸


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-14 10:35 | ご支援 Support | Comments(0)

選挙

「明日選挙だよ~。」(寮長)


「そうっすね。」

「えっ、どういう風にするの?」

「知らないの? ハガキが来るんだよ。」


「そうそう、自分の住んでいる自治体から来るんだ。それを持って投票所に行って、投票するんだよ。」(寮長)


実際の選挙の様子、具体的にどんな流れになっているのかを子どもたちは知らない。

社会で勉強するといっても、なかなか結びつかない。


でも、こうやって選挙の話をして、説明すると、関心はもってくれる。



「でもさぁ、住所がない人はどうするの?」


「いやいや、いないでしょ。」(寮長)


「ホームレスとか…」


「あ、確かに。」(寮長)


時々するどい質問を投げてくる。

確かに、ホームレスの人たちはどうするのか。

住民票はどこなのか。そもそも住民登録されているのか。


ん~、まだまだ勉強不足(これは宿題だな)。



「みんなも大人になったら、選挙に絶対行くんだよ。」(寮長)


「そうだよねぇ。」

「えー、面倒くさい。」


「だめ! 面倒くさくても、ちゃんとするの! 自分の一票を投じなきゃいけないからね。」(寮長)


子どもたちの素直な反応。

この時期の子どもたちはこれが普通だよなぁ。

でも、伝え続けることを大切にしていきたい。

そもそも、みんながこんな境遇になっているのも、選挙で選んだ政治家による部分も大きいわけだし。


そんなお話を子どもたちとした夕食の一幕でした。


根岸


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-14 10:15 | お勉強 Study | Comments(0)

剣道娘日記1

今日朝っぱから、剣道の練成会に行ってきました。

(超眠い…)


今日は、あまり剣道仲間はあまり来ず、女子は私1人だけ。

(これは会田の名にかけて、重要だぁ)

雪が積もってて、体育館の中も超寒かった。

女子の団体を組んで、塩尻の中学校の女子3人と組んだ。

みんな優しい人ばっかで、私と同じ名前の先輩もいた。

今回こそは負けねーぞと思い、超頑張った。

いつもは男子と練習しているから、女子と戦ったら力加減が弱く、楽だった。


だけどっ!

後半でハプニング発生!?


どっかの中学校の男子のやつに、間違って足を思い切り踏まれた!!!!!!!

(あーーーーーーー!?このやろーーーーーー!!!!踏みやがってーーーーー!!!!)


f0339068_18322434.jpg

そのあと、あまりの痛さに歩けませんでした。

だけど、他の中学校の女子に誘われて、試合をやりました。

(いや、痛いんですけど・・・)

「あ、はい。わかりました。お願いします!!」(即答)

(いや、いてーー)

(これでもう一回踏まれたら、終わりだぞ・汗)

それでも、試合を頑張りました(苦笑)


そのあと、閉会式がありました。

集合という声が他の中学校から聞こえてきて、うちらの中学校は3人しかおりませんでした。

「ま、走っていこっか。」

しかし、その後に悲劇が・・・


グギッ!!


踏まれた指を床に引っ掛けたーーーー!!!(涙)



寮に帰ったあと、私は死にそうな顔で寮長に

「おっ、親指が!?」

「いっ、痛かった(涙)」

「どうしたん?」(寮長)


わけを説明すると、、、


「そんなん結構あることでしょ?だって。俺の知り合いはしょっちゅうあるって言ってたよ。」


(いや、ふざけんじゃねーよーーーー!!!(ムカチャッカファイアー)くそねぎがぁ!!)

「はぁ、いあやさぁ、お前それなったことなくね?そんなこと言ってんなよ。」


それから、寮長目線でスポーツにおける不慮の事故は、己の気の緩みと致し方ないこともあることをこんこんと説明された。


(じゃこれ、ねぎがなってみたらどーなんだ!?どうせおおげさなんだろっ)


みなさん。

世の中には、こんなひどい人もいると、心の底で思っていてください。


剣道娘



P.S. 世の中、厳しいんだよ(笑)

   by 寮長



[PR]

by kodomoryugaku | 2014-12-06 18:33 | 部活・社体 Club activitie | Comments(0)
line

まつもと子ども留学の日常についてご紹介します。


by kodomoryugaku
line