ウクレレ教室♪

以前、寮にウクレレを二本寄付してくださったガストンさんが、ウクレレ教室を開いてくださいました。


f0339068_20391840.jpg

本日、さらに人数分のウクレレを持参して寮遊びにきてくださったガストンさん。お友達ウクレレシンガーJuneさんも同伴です。


一時間半くらいの短い時間でしたが、子どもたちはウクレレという楽器の仕組みから、ドレミファソラシド、C・F・Gのコードをしっかり教わることができました。ガストンさんの軽妙なトークのおかげで、子どもたちは終始にこにこ笑いっぱなし。


f0339068_20462051.jpg


f0339068_2050367.jpg

習ったコードを使って、さっそくみんなで「アルゴリズム体操のうた」を弾いて遊びます。ちょうど東京から寮の様子を見学に来ていたドイツ人大学教授と奥さまも、いっしょにウクレレを体験中。


そのあと、プロのシンガーJuneさんが歌声を披露してくれました。ウクレレを伴奏にした「テネシー・ワルツ」です。


f0339068_2125337.jpg

ほのかな悲しみとあふれるあたたかみが絶妙にとけ合った、どこまでも伸びやかなJuneさんの歌声に、子どもたちの表情がみるみる変わっていきます。わあ、すごい! と思わず声を上げたり、瞳を輝かせて聞きほれたり。歌が終わったころにはもう大はしゃぎ。


「サインください!」

ここにもサインください!」


の連呼です(笑)


ウクレレ教室の最後に、みんなで「上を向いて歩こう」を合唱しました。本当に素敵な曲ですよね、これ。一人さみしくて涙がこぼれそうになったら、ウクレレを弾いてこの曲を歌うことにしよう。もちろん、上を向いて。


ガストンさん、Juneさん、ありがとうございました!


K


[PR]

by kodomoryugaku | 2014-05-18 20:34 | 音楽♪ Music | Comments(0)
line

まつもと子ども留学の日常についてご紹介します。


by kodomoryugaku
line